公立病院のための地方独立行政法人設立・運営マニュアルQ&A


いまこそ決断のとき
経営形態の見直し、役割明確化を急げ!
地方独立行政法人山形県・酒田市病院機構理事長
栗谷義樹氏絶賛!


・地方独立行政法人の設立や移行準備、管理運営手法をQ&Aでわかりすく解説!
・公立病院の経営改革や独法化の実務を知る専門家・病院経営者等が執筆!
・公立病院の再編統合・経営効率化に関する事例、国の政策やこれからの経営のあり方に迫るインタビューを掲載!

■著者/監修:上塚芳郎(前東京女子医科大学教授、一般財団法人松本財団顧問)
■定 価:3,300円(本体3,000円+税10%)
■ISBN:978-4-86729-074-3
  • おすすめ
  • 新刊

公立病院のための地方独立行政法人設立・運営マニュアルQ&A

商品コード 401023
¥3,300 (税込)
関連カテゴリ

カートに追加しました。

《目次》

《第1部》
公立病院のための地方独立行政法人設立・運営マニュアルQ&A

●第1章 地方独立行政法人の設立・移行準備
吉田実貴人(監査法人長隆事務所、公認会計士)
●第2章 病院管理の視点から見た医療マネジメント
上塚芳郎(前東京女子医科大学教授、一般財団法人松本財団顧問)
●第3章 施設基準の正しい理解と適時調査への対応
竹田和行(株式会社施設基準総合研究所代表取締役)
●第4章 ジェネリック医薬品の有効活用・薬剤費削減に向けたフォーミュラリーの推進
増原慶壮(日本調剤株式会社取締役[FINDAT事業部長]、聖マリアンナ医科大学客員教授)
●第5章 医療材料の賢い購買方法とSPDの活用
上塚芳郎(前東京女子医科大学教授、一般財団法人松本財団顧問)
●第6章 課題と戦略が見える! 経営分析と統計データの活用
上村知宏(独立行政法人福祉医療機構福祉医療貸付部課長代理)
●第7章 地方独立行政法人の会計原則と実務対応
田中謙吾(監査法人長隆事務所、公認会計士)
●第8章 監査の知識とオンライン監査の潮流
森本明浩(監査法人長隆事務所、公認会計士)
原田智浩(監査法人長隆事務所、公認会計士)
●第9章 新たな脅威に備える! 公立病院のための感染症対策
賀来満夫(東北医科薬科大学医学部感染症学教室特任教授、東北大学名誉教授)
遠藤史郎(東北医科薬科大学医学部感染症学教室病院教授)
吉田眞紀子(東北医科薬科大学医学部感染症危機管理地域ネットワーク寄附講座准教授)

《第2部》
事例から学ぶ公立病院の再編統合・経営効率化

●事例1 地方独立行政法人化により経営危機から脱却 
さんむ医療センターの病院改革
坂本昭雄(地方独立行政法人さんむ医療センター理事長)
●事例2 県立病院と市立病院の再編統合から13年
山形県・酒田市病院機構が目指す地域の未来
佐藤俊男(地方独立行政法人山形県・酒田市病院機構病院統括医療監付参事)
●事例3 施設基準管理システム「iMedy」を活用した業務効率化
只友裕也(iMedy株式会社代表取締役)
●事例4 「AI問診ユビー」で実現する医療現場の働き方改革
阿部吉倫(Ubie株式会社共同代表取締役、医師)

《第3部》
地域における公立病院の役割とコロナ後の経営改革

●特別インタビュー1
公立病院に求められる職員の意識改革 これからの時代の経営のあり方とは
鳥羽研二(地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター理事長)
●特別インタビュー2
コロナ後を見据えた制度改革を推進 病院の役割分担と連携強化が急務
山下 護(厚生労働省保険局医療介護連携政策課長)
●特別インタビュー3
進むデータヘルス改革 個人の健康管理はどのように変わるのか
小林秀幸(前厚生労働省子ども家庭局母子保健課長)