医療機関のための マンガでわかる「個人情報保護法」対策
・マンガでわかりやすい!読みやすい!
・院内の場面別。職種別にチェックポイントを解説
・低価格なので職員全員に配布し、研修用テキストとして最適

●編著: 秋元 聡 (株式会社 日本医療事務センター)
●作画: 小山 規
●監修: 株式会社日本医療事務センター
●体裁: B5判 80頁
●発刊: 2005年4月
●ISBN 4-89041-677-3

医療機関のための マンガでわかる「個人情報保護法」対策

商品コード 400283
¥576 (税込)
関連カテゴリ

カートに追加しました。

内容情報

職員一人ひとりの理解が必須!
2005年4月から個人情報保護法が施行され、医療機関でもその対応が求められます。この法律は院長や事務長をはじめとする一部の病院職員だけが理解すればよいというものではなく、受付を含めたすべての病院職員にその主旨を徹底させなければなりません。そのためには、院内で勉強会を開催し、理解度を深める必要があります。

<本書の3大特長>
・マンガでわかりやすい!読みやすい!
・院内の場面別。職種別にチェックポイントを解説
・低価格なので職員全員に配布し、研修用テキストとして最適

目次

第1章 「患者さんに訴えられる!?」
第2章 「個人情報保護チームを結成」
第3章 「“黙示の同意”を勝ち取れ!」
第4章 「診療申込書には情報がいっぱい」
第5章 「患者の呼び出しは犯罪か?」
第6章 「同意書なしには始まらない」
第7章 「問い合わせには答えていいの?」
第8章 「情報保護と安全のジレンマ」
第9章 「ネットワークはセキュリティが命!」
第10章 「医療連携は手間がかかる?」
第11章 「カルテの開示は慎重に」